アイキャッチ

妊婦の歯科治療:つわり時期の歯磨き

 妊娠初期に、半数以上の妊婦さんは悪心、嘔吐などを特徴とするつわりが生じると言われています。症状がひどい場合は、点滴や入院する程、歯ブラシを口に入れることさえ苦しいと感じるとこもあります。

 口腔ケアは十分にできないことや、女性ホルモンの急増による歯周組織への影響で、妊娠期間中にむし歯や歯周病のリスクは多少なり高くないます。

 妊婦歯科検診を活用することも大事ですが、安定期に入るまではつわり症状がつらい時でも、少しでも口腔ケアが行き届きやすいように、歯磨きのコツをご紹介したいと思います。

 

なんとか歯磨きできる場合は、

 ・一日のうちで体調のいいときに磨きましょう。  

 ・顔を下に向いて磨くと、のどへの刺激が少なく、少々楽になります。  

 ・歯ブラシを小刻みに動かして磨きましょう。 

 ・歯ブラシのヘッドが小さいものを選択した方がいいですね。(子供用でもOK)

 ・ながら磨き テレビを見ながら、リラックスしているときに磨くといいですね。

 ・歯磨き粉は臭いや刺激の強いものを避けましょう。

 

歯磨きが十分にできない場合は、

 ・無理をしないようにしましょう。

 ・うがい(市販の洗口剤でもOKです。ブクブクうがいをしましょう。)

 ・キシリトールガムを活用してもいいですね。(むし歯菌の力が弱まります)