アイキャッチ

「妊産婦の歯科治療のポイント〜マイナス1歳からの健口支援」の講演会

こんにちは。勤務医の松原理紗です。

松山で開かれた「妊産婦の歯科治療」に関する講演会に行って来ました。

これまで、私はマイナス1歳からの歯科医療は「お母さんと子供のう蝕予防」をメインに考えて来ました。歯周病原菌への感染確立・定着はほぼ高校生以降になりますが、むし歯菌の(母子間・家族間)感染確立は歯が生えて来てからすぐ可能です。そのため、お母さんのう蝕治療・親と子のう蝕予防は妊娠中から意識していただくことが非常に大事です。

今回の講演会を受けて、改めて妊産婦の歯周病治療について考える機会になりました。

妊娠中は女性ホルモンの量は何百倍も増え、歯周組織への影響はかなり大きいです。妊娠性歯周炎、妊娠性エプーリスなど発症することは多々あります。つわりで、十分な歯磨きができないこともあります。安定期に無理のない歯周病治療、口腔ケアを受けることで、口腔環境を改善できます。歯周病は早産、低体重児出産、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群との関連が報告されています。歯周病の治療は、お口の中に留まらず、妊婦さん自身、そしてお腹の中にいる可愛い我が子の健康に繋がって行きます。

妊娠中にお口の悩みを感じられたら、ぜひ妊婦歯科健診を活用していただき、一度歯科医院を受診してみてください。